あけぼのばしノート

目の前のものを観察し、時々ビールを飲めば、世の中の仕組みが見えてくる

安中榛名駅

f:id:akebo-nobashi:20180402182937j:plain

撮影: 2018年4月2日 群馬県安中市

昨日から『タッチでGo! 新幹線』が始まり、SuicaのカードだけでJR東日本の新幹線自由席に乗れる様になったので、使い心地を確認する為に安中榛名駅に行ってきた。安中榛名駅高崎駅の次で、北陸新幹線ではこの駅までサービスが利用できる。在来線は通っておらず、新幹線『あさま』でも停まらないものが多いので、中々行き難い駅だ。北陸新幹線で利用者が最も少ない駅とされる。以前は駅前にコンビニがあったらしいが、今は無い。

『タッチでGo! 新幹線』は快適に利用できる。何と言っても、Suicaのカードだけで完結しているのが便利だ。新幹線に乗る時も、いつもと同じ様にポケットからSuicaを取出してタッチして改札を通れる。Suicaを1枚だけポケットに入れて、北関東をさすらうには最適な仕組みといえる。新幹線の前後に在来線区間があると料金が別々になるので、通しで切符を買うより高くなるケースがあるが、事前に調べて値段重視の場合は切符を買えばいい。最初の利用開始登録は、自動券売機で1分もかからずすぐにできる。

JR東日本のプレスリリースによると、2019年度末を目処に新幹線指定席にもSuicaで載れるサービスを検討しているとの事。ただ、指定席だと乗車する列車と区間の情報を伝え、指定された席の情報を受取る必要があるので、Suicaのカードだけでこれを実現するのは難しいと思う。何等かの機器を操作する必要があるだろう。