あけぼのばしノート

目の前のものを観察し、時々ビールを飲めば、世の中の仕組みが見えてくる

ヒメジュウジナガカメムシ

f:id:akebo-nobashi:20131103201159j:plain

撮影: 2013年11月3日 東京都新宿区

道路沿いの空き地の金属製の囲いを歩いていた派手なデザインのカメムシ。カメムシ目(半翅目)ナガカメムシ科ナガカメムシ亜科のヒメジュウジナガカメムシだ。ジュウジナガカメムシというよく似た種がいるが、胸部の黒い紋の形からみてヒメジュウジナガカメムシと判断した。珍しい種ではない様だが、都心部では余り見ない。

このカメムシと同じ様に、赤と黒の配色のカメムシが何種類かいる。身を隠すための色とは思えないので、警戒させるのが目的だろうか。毒を持つ別の種に擬態しているのかもしれない。正確なところは判らないが、人間にとっては見つけやすい色使いだ。

広告を非表示にする