あけぼのばしノート

目の前のものを観察し、時々ビールを飲めば、世の中の仕組みが見えてくる

ヤミイロカニグモ

f:id:akebo-nobashi:20131011234301j:plain

撮影: 2013年10月10日 東京都新宿区

家のそばの駐車場の建物の階段の壁にいた小さな黒いクモ。クモ綱クモ目カニグモ科カニグモ属のヤミイロカニグモの様だ。似た種がいくつかいるが、都市部に多いのはヤミイロカニグモらしい。アヅマカニグモという種がいて、色彩、斑紋では区別が難しいとの事だが、出現期が5-8月になっている。ヤミイロカニグモは5-10月なので、時期からいってもヤミイロカニグモの可能性が高そうだ。

ハエトリグモなど、カメラを近付けると逃げるものが多いが、このクモは全く動かなかった。写真撮影に協力的なのは有難い事だ。

広告を非表示にする