あけぼのばしノート

目の前のものを観察し、時々ビールを飲めば、世の中の仕組みが見えてくる

シロオビノメイガ

f:id:akebo-nobashi:20131002210905j:plain

撮影: 2013年10月2日 東京都新宿区

家のそばの駐車場の建物の階段の壁に、茶色と白のガがとまっていた。チョウ目(鱗翅目)ツトガ科ノメイガ亜科のシロオビノメイガだ。昼間花にいる事もあるし、夜明かりに来る事もある。夏から秋にかけてよく見かけるが、活動中は動き回ってなかなか写真が撮れない。この写真の様に、壁にとまっている時は、カメラを近づけても逃げない事が多い。

この個体は、翅が殆んど傷んでいない。最近羽化したのかもしれない。今日は台風22号の影響で朝から雨が降っていた。屋根のある場所で、雨と風を避けていたのだろうか。ただ、ここはコンクリートに囲まれた場所で、食糧になるものは無い。

広告を非表示にする