あけぼのばしノート

目の前のものを観察し、時々ビールを飲めば、世の中の仕組みが見えてくる

ホオズキカメムシ

f:id:akebo-nobashi:20130925211028j:plain

撮影: 2013年9月22日 東京都新宿区

道路沿いの建物の壁に、カメムシがとまっていた。カメムシ目(半翅目)ヘリカメムシ科ヘリカメムシ亜科のホオズキカメムシだ。ネットで調べると、成虫で越冬する様だが、冬に見た事が無い。というより、たまに成虫を見る程度で、余り見る事がないカメムシだ。ホオズキが生えている場所には多いのかもしれないが、野生のホオズキは無いし、そう見かける植物でもない。

写真では判り難いかもしれないが、全身に細かい突起があってゴツゴツした体つきだ。草原の殺し屋の様な感じだが、実際には草食。大型のアブに捕まる事も多いらしい。壁にとまった虫の写真は、平面的で奥行感が無いのでイマイチ面白くない。

広告を非表示にする