あけぼのばしノート

目の前のものを観察し、時々ビールを飲めば、世の中の仕組みが見えてくる

ヒロオビジョウカイモドキ

f:id:akebo-nobashi:20130921184407j:plain

撮影: 2013年9月21日 東京都港区

木の葉にとまっていた3mm程度の小さな甲虫。コウチュウ目(鞘翅目)ジョウカイモドキ科ジョウカイモドキ亜科のヒロオビジョウカイモドキだ。オスは触角の付け根付近にコブがあるが、これには無いのでメスだ。他の虫や花粉などを食べるらしい。葉についた菌の中にいるが、菌を食べているのかどうかは、写真からは判らない。

ジョウカイモドキ科は、カッコウムシ上科に属する。ジョウカイボンに似ている事からついた名前だろうが、ジョウカイボン科はホタル上科になるので、余り近い仲間ではない。甲虫には、モドキやダマシと付くのが多くて判り難い。動物全体で最大の目なので、いろんな奴がいる。種名を調べるのが大変だ。

広告を非表示にする