あけぼのばしノート

目の前のものを観察し、時々ビールを飲めば、世の中の仕組みが見えてくる

クロアゲハ

f:id:akebo-nobashi:20130824195222j:plain

撮影: 2013年8月24日 東京都新宿区

近所の公園の遊歩道に、葉にとまって翅を広げているクロアゲハがいた。チョウ目(鱗翅目)アゲハチョウ科アゲハチョウ亜科の昆虫だ。左の後翅が少し欠けているが、それ以外に目立つ傷は無い。クロアゲハという名前だが、完全な黒ではなく、白っぽい部分もあるので、全体的には灰色に見える。

黒いアゲハといえばクロアゲハが一番有名だ。モンシロチョウやアゲハチョウと同じ位知られているだろう。だが、黒いアゲハはクロアゲハだけではない。一般的なものだけでも、オナガアゲハ、ナガサキアゲハジャコウアゲハモンキアゲハ、カラスアゲハといったところがいる。とはいうものの、一番よく見るのはクロアゲハだ。

広告を非表示にする