あけぼのばしノート

目の前のものを観察し、時々ビールを飲めば、世の中の仕組みが見えてくる

若山牧水歌碑

f:id:akebo-nobashi:20171106200441j:plain

撮影: 2017年11月6日 東京都世田谷区

二子玉川駅近くの兵庫島公園にある、若山牧水の歌碑。写真だと判り難いが『多摩川 の 砂に たんぽぽ咲く ころは われにも おもふ 人の あれかし 牧水詠 旅人書』と書いてある。最後の旅人は、子息との事だ。

この歌は、1911年9月12日に発行された歌集『路上』に収められている。この歌集は青空文庫には無いが、早稲田大学図書館のホームページにある古典籍総合データベースで全ページのカラースキャン画像が公開されているので、読む事ができる。162ページに掲載されている。