あけぼのばしノート

目の前のものを観察し、時々ビールを飲めば、世の中の仕組みが見えてくる

東京拘置所

f:id:akebo-nobashi:20170930153221j:plain

撮影: 2017年9月30日 東京都葛飾区

常磐線東武スカイツリーラインつくばエクスプレスに乗ると、北千住駅を過ぎて荒川の鉄橋を渡ったところで、灰色の要塞の様な建物が見える。葛飾区小菅一丁目にある、東京拘置所だ。地上12階、地下2階、高さ50mで、中央管理棟の屋上にヘリポートがある。収容定員は、約3000人。テントが張られ、多くの人が歩いているのは、『第6回東京拘置所矯正展』が開催されているからで、普段は入る事ができない。