あけぼのばしノート

目の前のものを観察し、時々ビールを飲めば、世の中の仕組みが見えてくる

茂林寺沼

f:id:akebo-nobashi:20170914182249j:plain

撮影: 2017年9月14日 群馬県館林市

分福茶釜で有名な茂林寺のそばにある茂林寺沼。沼の周りには湿原が広がり、『茂林寺沼及び低地湿原』として1960年3月に群馬県の天然記念物に指定された。水は濁っていて、魚の姿は見えない。遊歩道や木道沿いの浅い場所では、外来種アメリカザリガニやとウシガエルが目に付く。写真は、沼に設置されている鑑賞デッキからの眺め。