あけぼのばしノート

目の前のものを観察し、時々ビールを飲めば、世の中の仕組みが見えてくる

モンシロナガカメムシ

f:id:akebo-nobashi:20170818201157j:plain

撮影: 2017年8月18日 東京都文京区

道路沿いの工事現場の金属製の囲いのそばに生えたイヌタデ属の植物の花にとまって交尾中のナガカメムシカメムシ目ヒョウタンナガカメムシヒョウタンナガカメムシ亜科シロヘリナガカメムシ族(Rhyparochromini)シロヘリナガカメムシ属(Panaorus)のモンシロナガカメムシの様だ。成虫も幼虫も結構見かけるが、成虫は動き回るので中々写真が撮れない。今回は交尾中のせいか動かなかったので、写真に撮れた。見た目に違いは無いので、どちらがオスでどちらがメスか判らない。

[2017-08-19 追記] ネットの情報を見ると科名や属名などに違いがあるので、日本原色カメムシ図鑑第3巻で再確認した。上に書いたのがその内容。図鑑には、『本属では種内変異が大きいことから、異名や誤同定が散見される。それに起因して、日本でも種の同定に長らく混乱がみられ、過去の記録の引用には細心の注意を要するが、現在では3種に整理されている。』との記述がある。