あけぼのばしノート

目の前のものを観察し、時々ビールを飲めば、世の中の仕組みが見えてくる

津軽路ビール

f:id:akebo-nobashi:20161008172639j:plain

撮影: 2016年10月8日 東京都新宿区

青森県の地ビール。値段は、飯田橋にある青森県のアンテナショップ、あおもり北彩館東京店で740円(税別)。『あじゃら山系銘水仕込み』と書いてある。

色は茶色がかった黄色で濁っている。酵母と思われる香りとモルトの香りがする。味は甘味があり苦味がある。酸味も少し感じる。最初に苦味を感じ、酸味が少し現われた後、甘味が少しずつ強くなってくる。後味はすっきりしている。柔らかい味だ。食前酒に良さそうだが、料理の味を邪魔しないので食事をしながらでもいい。

原材料は、麦芽、ホップ。アルコール分は5.5%、容量は330ml。製造日は書いてないが、賞味期限は16.11.05。製造者は宮城県黒川郡大郷町のサンケーヘルス株式会社、販売者は青森県南津軽郡大鰐町のそうま屋米酒店。