あけぼのばしノート

目の前のものを観察し、時々ビールを飲めば、世の中の仕組みが見えてくる

カサハラハムシ

f:id:akebo-nobashi:20160820150705j:plain

撮影: 2016年8月15日 東京都文京区

道路沿いの金属製の塀にとまっていた茶色っぽい小さな甲虫。体長は目測で3mm程度。コウチュウ目ハムシ科サルハムシ亜科カサハラハムシ属のカサハラハムシの様だ。ハムシハンドブックによると、『カサハラハムシの仲間は、ほかに約10種がいるが、よく似ており同定は難しい。』との事。これも、よく似た別種かもしれない。