あけぼのばしノート

目の前のものを観察し、時々ビールを飲めば、世の中の仕組みが見えてくる

ユミアシゴミムシダマシ

f:id:akebo-nobashi:20160723151913j:plain

撮影: 2016年7月20日 東京都文京区

道路沿いのコンクリートの塀にとまっていた黒い甲虫。クワガタのメスかと思ったが顎が無い。コウチュウ目ゴミムシダマシ科Promethis属のユミアシゴミムシダマシの様だ。前脚の脛節が弓の様に曲がっているので『ユミアシ』という名前が付いたらしい。

ネットの情報では、ユミアシオオゴミムシダマシとなっているものもある。ググってみると、ユミアシゴミムシダマシで約4,620件、ユミアシオオゴミムシダマシだと約2,860件が見つかる。どちらの和名が最近の主流かはっきりしないが、手元の『昆虫の図鑑 採集と標本の作り方』や九大の日本産昆虫目録に合わせてユミアシゴミムシダマシとした。