読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あけぼのばしノート

目の前のものを観察し、時々ビールを飲めば、世の中の仕組みが見えてくる

東京ビアウィート セッションIPA

f:id:akebo-nobashi:20160424164819j:plain

撮影: 2016年4月24日 東京都新宿区

三重県伊勢市にある伊勢角屋麦酒のビール。4月15日から4月24日まで開催の『東京ビアウィーク2016』の為に限定醸造された。値段は、イオンリカー四谷店で594円(税込)。『明るく爽やかなホップの香りと、クリーンで飲みやすく、口当たりの良いセッションIPAです。苦みやモルト感、ウィートの特徴など様々な要素を、突出させ過ぎることなく調和させたIPAを目指しました。』と書いてある。

色は少し茶色がかったくすんだ黄色で濁っている。フルーティな香りがするが強くない。味は苦味があり甘味が少しある。酸味を感じる。最初に酸味を伴った軽い苦味を感じ、ほのかな甘味が現われた後、再び苦味を感じる。後味に苦味を感じるがすっきりしている。ライトでドライな味だ。昼過ぎから夜の始め頃に飲みたい。つまみ無しでもいいし、軽い食事をしながら飲むのもいい。

原材料名は、大麦麦芽、小麦麦芽、ホップ。アルコール分は4%、内容量は330ml。製造日は書いてないが、賞味期限は160917。製造者は、三重県伊勢市の有限会社二軒茶屋餅角屋本店麦酒蔵。