読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あけぼのばしノート

目の前のものを観察し、時々ビールを飲めば、世の中の仕組みが見えてくる

流氷ドラフト

f:id:akebo-nobashi:20160402172415j:plain

撮影: 2016年4月2日 東京都新宿区

北海道網走市にある網走ビールの商品。値段は、近所のスーパーで288円(税別)。『「オホーツクブルー」をイメージしたピュアな発泡酒です。』と書いてある。ここのビールは、2014年9月1日に、『Abashiri Premium』を飲んでいる。

ブルーのビールは、今年の1月1日にローソンといわて蔵ビールのコラボ商品、『ブルー・スイート・エール』を飲んだ。『ブルー・スイート・エール』はスピルリナ色素を使っていたが、これはクチナシ色素を使っている。

色は若干グリーンを帯びた暗いブルーで透明。恐らく、ブルーと黄色が混ざってこの色になったのだろう。すっきりした香りがする。味は苦味があり甘味が少しある。最初に苦味を感じ、少しして軽い甘味を感じた後、再び苦味を感じる。後味はすっきりしていてドライな感じだが、普通のビールには無い独特の風味も感じる。ビールとして味わうというより、色を楽しむものだろう。オホーツクの海を眺めながら飲みたい。

原材料は、糖化スターチ、麦芽ナガイモ、ホップ、クチナシ色素。麦芽使用比率25%未満。アルコール分は5%、内容量は350ml。技術指導は東京農業大学生物産業学部、製造者は網走ビール株式会社。酒税法の分類は、発泡酒。製造日は書いてないが、賞味期限は2016.09.28。『ADAD B』という記号が書いてある。