あけぼのばしノート

目の前のものを観察し、時々ビールを飲めば、世の中の仕組みが見えてくる

サントリー クラフトセレクト ヴァイツェン

f:id:akebo-nobashi:20160329191604j:plain

撮影: 2016年3月29日 東京都新宿区

3月29日から期間限定発売になったサントリークラフトセレクトシリーズの新商品。値段は、イオンリカー四谷店で246円(税込)。近所のセブンイレブン、ローソン、ファミリーマート、サンクスには無かった。『フルーティーな香りとまろやかで爽快な余韻。』と書いてある。前回までは缶にシリーズ内での連番が書いてあって、これはVOL. 10になるはずだが、記述が無くなった。また、缶のデザインが少し変わっている。年が変わって、このシリーズもリニューアルしたのだろう。

今回発売になったクラフトセレクトシリーズは3商品で、ペールエールが通年商品として発売され、ゴールデンエールとヴァイツェンが期間限定での発売だ。といっても、ペールエールは去年の5月12日からVOL. 1、ゴールデンエールは11月4日からVOL. 7として発売されているので、新しい商品はこのヴァイツェンだけという事になる。

色は平均的なゴールドで透明。小麦の香りの中に、バナナを思わせる甘い香りがある。味は甘味があり苦味は殆んど感じない。最初に小麦のビール独特の風味が口全体に広がり、続いて柔らかな甘味が現われてくる。後味は小麦の風味。小麦を強調した味に仕上がっている。ランチタイムに屋外のテーブルで、サンドイッチを食べながら飲みたい。

原材料は、麦芽(小麦麦芽、大麦麦芽)、ホップ。アルコール分は5.5%、容量は350ml。栄養成分(100mlあたり)は、エネルギー 49kcal、たんぱく質 0.4-0.8g、脂質 0g、糖質 3.6g、食物繊維 0-0.5g、ナトリウム 0-7mg。製造年月旬は2016.03上旬、製造所固有記号はF、ロット記号はTB5A。東京都府中市にある武蔵野ビール工場で造られたものだ。