あけぼのばしノート

目の前のものを観察し、時々ビールを飲めば、世の中の仕組みが見えてくる

モーニングコーヒースタウト

f:id:akebo-nobashi:20160313174202j:plain

撮影: 2016年3月13日 東京都新宿区

3月1日にリリースされたベアードビールの季節限定醸造商品。値段は、イオンリカー四谷店で537円(税込)。『毎年違うコーヒー豆を使用し造られるユニークなスタウト。静岡市のhug coffeeとコラボし、2016年版は酸味と甘みが絶妙なバランスの豆を使用した。No Beer, No Coffee, No Life!』と書いてある。

色は黒に近い濃い焦げ茶色。コーヒー豆の香りと黒ビールの香りがする。味は甘味があり苦味がある。酸味も感じる。最初に柔らかな甘味を感じ、続いてローストした風味を感じた後、コーヒー豆の苦味が現われる。濃く淹れた深煎りコーヒーの風味だ。モーニングコーヒーというより、ディナーの後のコーヒーの印象。夜、ゆったりした気分で飲みたい。つまみは要らない。

原材料は、麦芽、大麦、糖類、ホップ、コーヒー豆、酵母。アルコール分は7%、内容量は330ml。酒税法の分類は、発泡酒(麦芽使用比率 50%以上)。充填日は、12 31 15 (M/D/Y)。製造元は、静岡県伊豆市合資会社ベアードブルーイング。