あけぼのばしノート

目の前のものを観察し、時々ビールを飲めば、世の中の仕組みが見えてくる

お寺の庭 ゆずエール

f:id:akebo-nobashi:20160229191626j:plain

撮影: 2016年2月29日 東京都新宿区

2月18日にリリースされたベアードの季節限定商品。値段は、イオンリカー四谷店で540円(税込)。『ゆずのスパイシーなアロマと、甘酸っぱいフレーバーが一体となり気品のある味わい。』と書いてある。

色は黄色がかった黄色で濁っている。柑橘系の香りがするが、ホップの香りの様でもあり柚子の香りの様でもある。味は苦味があり甘味が少しある。酸味も感じる。最初に苦味と柚子の味を同時に感じ、続いて柚子の味が消えて苦味を感じる様になる。ほのかな甘味も時々現われる。後味に酸味を伴った苦味を感じる。すっきりした味だ。明るい時間に飲みたい。つまみは要らない。

原材料は、麦芽、ホップ、糖類、ゆず、酵母。アルコール度数は6%、内容量は330ml。酒税法の分類は、発泡酒(麦芽使用比率50%以上)。充填日は、12 03 15 (MM DD YY)。製造元は、静岡県伊豆市合資会社ベアードブルーイング。