あけぼのばしノート

目の前のものを観察し、時々ビールを飲めば、世の中の仕組みが見えてくる

ヒューガルデンロゼ

f:id:akebo-nobashi:20160120192207j:plain

撮影: 2016年1月20日 東京都新宿区

1月19日から発売になったヒューガルデンの新商品。ベルギービールで、国内ではアサヒビール株式会社が販売している。ヒューガルデンホワイトの缶と共に新発売になった。値段は、やまや池袋東店で375円(税込)。250mlと小さい瓶なので小型のシャンパングラスに注いでみたが、僅かに入りきらなかった。

色は朱色を帯びた薄い茶色で濁っている。フルーツの酸味を感じる香りがする。味は甘味があり苦味は感じない。酸味を感じる。口に入れると最初に酸味を感じ、続いて甘味を感じる。後味に甘味が残る。ビールの風味は殆んど感じない。小麦の風味も判らない。食前にシャンパン代わりに飲むのがいいかもしれない。量が少なくアルコール分も少ないので、若干物足りなさを感じる。

原材料名は、麦芽、ホップ、小麦、糖類、果汁(ラズベリー、りんご、いちご、エルダーベリー)、コリアンダーシード、オレンジピール、酸味料、香料、甘味料(アセスルファムK)。麦芽使用率 25%以上50%未満。アルコール分は3.0%、内容量は250ml。製造日は書いてないが、賞味期限は2016/05。酒税法の分類は、発泡酒