あけぼのばしノート

目の前のものを観察し、時々ビールを飲めば、世の中の仕組みが見えてくる

南信州ビール ゴールデンエール

f:id:akebo-nobashi:20160109171731j:plain

撮影: 2016年1月9日 東京都新宿区

長野県上伊那郡宮田村に醸造所のある、南信州ビール株式会社のビール。石神井公園駅の商店街にある伊勢屋鈴木商店で買ったが、レシートをもらい忘れたので値段は不明。地ビールを3本買って合計1,760円(税込)だったので、600円前後だろう。ジャパン・ビア・グランプリ2000で金賞受賞というネックがかかっていて、『華やかな香りとすっきりした口当たりが特徴』と書いてある。

色は薄めのゴールドで透明。フルーティな甘い香りがする。味は甘味があり苦味が少しある。最初に苦味と甘味の混ざった味を感じ、続いて甘味が優勢になってくる。後味はすっきりした感じ。透明感があってクリア、柔らかくフルーティで上品な味だ。ランチタイムやティータイムに良さそうだし、食前酒にもいい。つまみは要らない。ビールだけを、ゆっくり時間をかけて味わいたい。

原材料は、麦芽、ホップ。アルコール分は5.0%、内容量は330ml。製造日は書いてないが、賞味期限は16.03.25。