あけぼのばしノート

目の前のものを観察し、時々ビールを飲めば、世の中の仕組みが見えてくる

キジラミの一種

f:id:akebo-nobashi:20151227135527j:plain

撮影: 2015年12月26日 東京都新宿区

ベランダのガラス戸にとまっていたキジラミ。カメムシ目キジラミ科に属する。肉眼では黒く見えたが、写真を見ると焦げ茶色だ。翅は透明。脚の先は色が薄くなり、赤みを帯びている。体長は約3.8mm、翅端までだと約4.1mmで、キジラミとしては比較的大きい。ネットで調べてみると、ムツボシキジラミの仲間とされているものによく似ている。ムツボシキジラミとは、大きさが少し違う様だ。よく判らない。