あけぼのばしノート

目の前のものを観察し、時々ビールを飲めば、世の中の仕組みが見えてくる

ハラクロコモリグモ

f:id:akebo-nobashi:20151226171836j:plain

撮影: 2015年12月25日 東京都文京区

道路沿いのコンクリートの塀にとまっていたクモ。焦げ茶色で、背中の中央に白い線がある。クモ綱クモ目コモリグモ科コモリグモ属のハラクロコモリグモの様だ。徘徊型で、巣は作らない。雌親が、卵と幼体を腹部で保護する事からコモリグモと呼ばれる。コモリグモ科は、以前はドクグモ科と呼ばれていたらしい。