あけぼのばしノート

目の前のものを観察し、時々ビールを飲めば、世の中の仕組みが見えてくる

銀河高原ビール ヴァイツェンボック

f:id:akebo-nobashi:20151211192401j:plain

撮影: 2015年12月11日 東京都新宿区

12月8日から数量限定で発売になった、銀河高原ビールの新商品。値段は、池袋のやまやで278円(税込)。『小麦麦芽増量。熟したバナナのようなアロマと甘味、濃厚な味わいが特徴。』と書いてある。

色は少しオレンジ色を帯びた黄色で濁っている。小麦麦芽の香りがする。味は甘味があり苦味は殆んど感じない。酸味をわずかに感じる。最初に口の中に小麦の風味が広がり、続いてフルーツの様な甘味が現われてきて、時間をかけて弱まっていく。後味が長く続く。柔らかく、とろける様な味だ。熟したメロンを食べる感じにも似ている。美味しい。夕食後、ゆっくり時間をかけて味わいたい。つまみは要らない。

原材料は、麦芽100% (小麦、大麦)、ホップ。アルコール分は6.0%、内容量は350ml。100ml当たり栄養成分は、エネルギー 60kcal、たんぱく質 0.9g、脂質 0g、糖質 5.4g、食物繊維 0.3g、ナトリウム 1mg。製造日は書いてないが、賞味期限は16.08.上。製造所固有記号はA、ロット記号はKRKB。