あけぼのばしノート

目の前のものを観察し、時々ビールを飲めば、世の中の仕組みが見えてくる

東洋大地ビール

f:id:akebo-nobashi:20151206173901j:plain

撮影: 2015年12月6日 東京都新宿区

東洋大学生活協同組合が協同商事と共同で製造・販売しているというビール。値段は、東洋大学白山キャンパスの生協で400円(税込)。『豊かな味わいの麦芽100%プレミアム地ビールです。商品企画からラベルデザインまで東洋大学の現役と卒業生の創意で丹精を込めて造りました。』と書いてある。

色は、茶色がかった少しくすんだ黄色で濁っている。ホップと酵母の香りを感じる。味は、甘味があり苦味が少しある。最初にフルーティな風味が口の中に広がり、続いて甘味と軽い苦味が現われてくる。後味はすっきりした感じ。キリッとした味だ。ティータイムから夕方にかけての、明るい時間に飲みたい。つまみは要らない。

原材料は、麦芽、ホップ。アルコール度数は5%、内容量は330ml。製造者は埼玉県川越市の㈱協同商事、製造所固有記号はM。製造日は書いてないが、賞味期限は16.02.29。協同商事は、COEDOビールで知られる会社だ。