あけぼのばしノート

目の前のものを観察し、時々ビールを飲めば、世の中の仕組みが見えてくる

ウンモンキノコヨトウ

f:id:akebo-nobashi:20150907191342j:plain

撮影: 2015年9月5日 東京都文京区

道路沿いのコンクリートの塀にとまっていた焦げ茶色のガ。頭の後ろが鳥のトサカの様に逆立った、特徴のある姿をしている。翅の模様がはっきり見えないが、チョウ目ヤガ科キノコヨトウ亜科Stenoloba属のウンモンキノコヨトウの様だ。Stenoloba属は東アジアに生息するガで、以前はコヤガ亜科に含まれていたが、1970年にキノコヨトウ亜科に移動した。このガは、以前はウンモンコヤガという和名だった。