あけぼのばしノート

目の前のものを観察し、時々ビールを飲めば、世の中の仕組みが見えてくる

多摩の恵 ボトルコンディション

f:id:akebo-nobashi:20150708191116j:plain

撮影: 2015年7月8日 東京都新宿区

東京都福生市にある石川酒造株式会社のビール。値段は、新宿のやまやで453円(税込)。ラベルには、『シャンパンと同様に瓶内二次発酵を行ったビールです。二次発酵により長期熟成が可能となり、瓶詰後、数ヵ月はホップのきいた爽やかさが、その後は徐々に香味に複雑性が増し、熟した果実の様な味わいが楽しめます。瓶底の沈殿物は旨さを保持する酵母等です。』と書いてある。ホームページによれば、『ペールエールをベースとし、発酵の終わったものに糖度の高い麦汁と活きの良い酵母を加えて瓶詰めしました。』との事。

色は黄色がかった茶色で濁っている。フルーティないい香りがする。味は、甘味があり苦味も少しある。酸味も少し感じる。最初に甘味と軽い苦味を同時に感じた後、甘味が強くなってくる。その後、時々軽い酸味が現われながら、時間をかけて弱まっていく。夕方から夜の始め頃に飲みたいが、食後や深夜でもいい。つまみは要らない。

原材料名は、麦芽、ホップ。アルコール分は5.5%、330ml詰。製造年月は2014.12。ホームページには、賞味期限は5年と書いてある。