あけぼのばしノート

目の前のものを観察し、時々ビールを飲めば、世の中の仕組みが見えてくる

道後ビール ケルシュタイプ

f:id:akebo-nobashi:20150616193144j:plain

撮影: 2015年6月16日 東京都新宿区

愛媛県松山市にある水口酒造株式会社が造っているビール。値段は、近所のスーパーで520円(税別)。ホームページの情報によれば、通称は坊っちゃんビールで、『淡色麦芽を使用し、一番絞りの麦汁だけを使いました。キレの良さと、さっぱりした味わいが特徴です。』との事。ここのビールは、瓶のデザインは全種共通だが、ネックのタグと王冠の色で種類を見分ける事が出来る。

色は、若干茶色を帯びた黄色で濁っている。フレッシュでフルーティな香りがする。味は、甘味があり苦味が少しある。酸味も少し感じる。さっぱりした甘味の中に、酸味と苦味がほのかに現われてきて、混ざり合って弱まっていく。後味の中に軽い苦味が時々現われて消える。すっきりした味だ。春の後半から秋の前半頃の晴れた日、午後から夕方にかけての明るい時間に飲みたい。つまみは要らない。

原材料は、麦芽、ホップ、麦。麦芽100% (上面発酵酵母使用)。アルコール分は5%、内容量は330ml。製造年月日は27.05.製造、賞味期限は27.08.30。製造年月日となっているが、日にちは書いてない。