あけぼのばしノート

目の前のものを観察し、時々ビールを飲めば、世の中の仕組みが見えてくる

道後ビール スタウトタイプ

f:id:akebo-nobashi:20150614172954j:plain

撮影: 2015年6月14日 東京都新宿区

愛媛県松山市にある水口酒造株式会社が造っているビール。値段は、近所のスーパーで520円(税別)。ホームページの情報によれば、通称は漱石ビールで、『ローストした香ばしい香りと苦味を持つ、深い色合いのビールです。コクのある本格的なうまさが特徴。』との事。紙のラベルではなく瓶に直接文字や絵が描いてある様に見えるものは、シールが貼ってある事が多いが、これは瓶に印刷してある。

色は黒といっていい位の濃い焦げ茶色。チョコレートを思わせる濃厚な香りがする。味は、甘味があり苦味もある。酸味も少しある。最初に甘味が口の中に広がった後、酸味を伴った苦味が現われる。その後、苦味が少し強くなり、甘味と混ざり合って弱まっていく。後味はかなり続く。濃厚な味だ。夕食を済ませ、落ち着いてから飲みたい。つまみは要らない。

原材料は、麦芽、ホップ、麦。麦芽100% (上面発酵酵母使用)。アルコール分は5%、内容量は330ml。製造年月日は27.05.製造、賞味期限は27.08.30。製造年月日となっているが、日にちは書いてない。