あけぼのばしノート

目の前のものを観察し、時々ビールを飲めば、世の中の仕組みが見えてくる

コバチの一種

f:id:akebo-nobashi:20150602191718j:plain

撮影: 2015年5月30日 東京都新宿区

ベランダのガラス戸にいた小さなハチ。体長は2.7mm程度。全体的に黒いが、腹部の前半分は白い。触角は先が暗褐色で、基部は黄褐色。脚は、白と黒のまだら。翅脈の特徴からハチ目コバチ上科だと思うが、そこから先は判らない。Wikipediaによれば、コバチ上科のハチは世界で22,000種程が知られており、6万種から50万種以上いるのではないかと推定されているらしい。随分幅が広いが、推定が難しいという事だろう。