あけぼのばしノート

目の前のものを観察し、時々ビールを飲めば、世の中の仕組みが見えてくる

ツガヒロバキバガ

f:id:akebo-nobashi:20150523164541j:plain

撮影: 2015年5月22日 東京都品川区

細い路地沿いの金属製の柵にとまっていた小さな白いガ。チョウ目ヒロバキバガ科のツガヒロバキバガの様だ。触角が櫛状になっているのでオス。たまに見かける程度なので、余り多くないと思うが、小さいので気付かないだけかもしれない。幼虫は、マツ科のツガ、モミ、トウヒ、ヒマラヤスギなどを食べる。ヒロバキバガ科は、日本には2種しか生息していない。