あけぼのばしノート

目の前のものを観察し、時々ビールを飲めば、世の中の仕組みが見えてくる

一番搾り 取手づくり

f:id:akebo-nobashi:20150520191557j:plain

撮影: 2015年5月20日 東京都新宿区

5月19日から地域限定で発売になったキリン一番搾り。『全国9工場それぞれの醸造長が地域で暮らすお客様のために造った特別な「一番搾り」』というものだ。東京に近い工場は横浜工場と取手工場になるが、新宿区のファミリーマートには取手工場で造られた『取手づくり』があった。値段は、223円(税込)。『茨城の味わい豊かな食材を引き立てます。地元茨城を愛する人々を思い浮かべながら、一番搾り製法で、素材のうまみを引き出しました。うまいもんどころ茨城の豊かな食材にぴったりな贅沢な味わい。腕によりをかけてつくった一番搾りです。』と書いてある。

色は若干薄めのゴールドで透明。モルトの甘い香りがする。味は、甘味があり苦味も少しある。ほんの少し酸味も感じる。最初に軽い苦味を感じた後、甘味が少しずつ現われてきて弱まっていく。後味はすっきりした感じ。ビールだけだと物足りなさを感じるので、食事をしながら飲むのが良さそうだ。昼食にサンドイッチを食べながらでもいいし、夕食に和食を食べながらでもいい。

原材料は、麦芽、ホップ。アルコール分は5.5%、内容量は350ml。100ml当たり栄養成分は、エネルギー 43kcal、たんぱく質 0.3-0.6g、脂質 0g、糖質 2.9g、食物繊維 0-0.1g、ナトリウム 0mg。製造年月旬は2015.05上旬、製造所固有記号は24、ロット記号はRRV'。