あけぼのばしノート

目の前のものを観察し、時々ビールを飲めば、世の中の仕組みが見えてくる

アカガネサルハムシ

f:id:akebo-nobashi:20150511191528j:plain

撮影: 2015年5月7日 東京都文京区

道路沿いのコンクリートの塀を歩いていた小さな甲虫。最初に5m位離れた道路の反対側で見つけた時は黒っぽく見えたが、近寄って見ると虹色に輝いている。コウチュウ目ハムシ科サルハムシ亜科のアカガネサルハムシだ。ブドウの害虫として知られる。都心部にはブドウが無いせいか、余り見かけない。