あけぼのばしノート

目の前のものを観察し、時々ビールを飲めば、世の中の仕組みが見えてくる

アカシマサシガメ

f:id:akebo-nobashi:20150417191109j:plain

撮影: 2015年4月17日 東京都文京区

公園の囲いの黒板塀にいた、黒と赤のカメムシカメムシ目サシガメ科ビロウドサシガメ亜科のアカシマサシガメだ。ヤスデを食べるせいか、地面やコンクリート塀の下の方、太い木の低いところなどで見かける事が多い。よく似た種がいくつかいるが、アカシマサシガメが最も一般的だ。都心でも、結構見かける。