あけぼのばしノート

目の前のものを観察し、時々ビールを飲めば、世の中の仕組みが見えてくる

秋田なまはげ神話

f:id:akebo-nobashi:20150412190918j:plain

撮影: 2015年4月12日 東京都新宿区

秋田県仙北市にある湖畔の杜ビールで造っているビール。値段は、秋田駅のステーションデパート、トピコの石川酒店で540円(税込)。『厄除け、無病息災、五穀豊穣を象徴するなまはげをイメージしたビールです。』と書いてある。

色は黄色がかった茶色で、少し濁っている。泡はクリーミーで細かい。フルーティないい香りがする。味は、甘味があり苦味も少しある。最初に少し苦味を感じた後、甘味がじわじわと現われてくる。コクのある味だが、後味はすっきりした感じ。見た目より軽い味だ。夕方から夜の始め頃飲みたい。つまみは要らないが、ナッツがあってもいい。

原材料は、麦芽、米(あきたこまち)、ホップ。アルコール分は5.5%、内容量は330ml。賞味期限は15.7.27。製造日は書いてないが、賞味期限は120日に設定されている様なので、3月29日頃製造されたものだろう。