あけぼのばしノート

目の前のものを観察し、時々ビールを飲めば、世の中の仕組みが見えてくる

サントリー ラドラー

f:id:akebo-nobashi:20150326190533j:plain

撮影: 2015年3月26日 東京都新宿区

3月24日から発売になったサントリーの新商品。値段は、近所のスーパーで228円(税別)。レモン風味を加えたビールだ。275ml瓶と350ml缶が販売されているはずだが、缶は見当たらなかった。『ドイツで愛されるレモン風味のビアスタイル「ラドラー」を日本人に合わせてつくりました。』と書いてある。

去年の11月25日に発売され、12月2日に飲んだ、キリンの『Flaveer Lemon & Hop』に似ている。『若者のビール離れ』とよく言われるが、各社ともいろんな商品を出して、ビール関連商品の売上を増やそうとしている様だ。

色は若干薄めで黄色味の強いゴールドで透明。レモンジュースの様な香りがする。味は、甘味があり、酸味も少しある。苦味は殆んど感じない。レモンのチューハイに少しビールの風味を加えた感じだが、甘味料の甘味が強くビールらしさは少ない。ビール味が弱すぎる様に感じるが、ビール市場の拡大にはこういう味のものも必要なのかもしれない。

原材料は、麦芽、ホップ、大麦、糖類、酸味料、酸化防止剤(ビタミンC)、香料、クエン酸K、甘味料(アセスルファムKスクラロース)。麦芽使用率25%未満、無果汁。容量は275ml、アルコール分は4%。酒税法の分類は、発泡酒。栄養成分(100mlあたり)は、エネルギー 32kcal、たんぱく質 0-0.2g、脂質 0g、糖質 2.6%、食物繊維 0-0.1g、ナトリウム 0-7mg。製造年月旬は2015.03上Y8Y、製造所固有記号はP。群馬県邑楽郡千代田町利根川ビール工場で造られたものだ。