あけぼのばしノート

目の前のものを観察し、時々ビールを飲めば、世の中の仕組みが見えてくる

緋色の芳醇

f:id:akebo-nobashi:20150311185956j:plain

撮影: 2015年3月11日 東京都新宿区

3月10日からイオングループで数量限定発売になったサントリーのビール。クラフトマンズビアシリーズの第4弾になる。値段は、イオン板橋店で205円(税込)。『アルトビールは、ドイツのデュッセルドルフで昔から愛されているビールです。この商品は濃色麦芽の豊かなコクと上面発酵酵母による心地よいフルーティな香りが特長となっています。』と書いてある。

色は、オレンジ色がかった茶色で透明。紅茶の色だ。フルーティで甘い香りがする。味は、甘味があり苦味もある。最初に短く甘味を感じ、すぐに苦味が現われてくる。その後、甘味と苦味が混ざり合って弱まっていく。フレッシュで、安心感を感じる味だ。美味しい。午後から夕方にかけての、明るい時間に飲みたい。つまみは要らない。

原材料は、麦芽、ホップ。アルコール分は5.5%、容量は350ml。栄養成分(100mlあたり)は、エネルギー 47kcal、たんぱく質 0.4-0.6g、脂質 0g、糖質 3.2g、食物繊維 0-0.2g、ナトリウム 0-7mg。製造年月旬は2015.02下旬、製造所固有記号はF、ロット記号はN7TA。府中市の武蔵野ビール工場で造られたものだ。