あけぼのばしノート

目の前のものを観察し、時々ビールを飲めば、世の中の仕組みが見えてくる

牛久ビール デュンケル

f:id:akebo-nobashi:20150220201951j:plain

撮影: 2015年2月20日 東京都新宿区

茨城県牛久市にあるシャトーカミヤの牛久ブルワリーで造っているビール。シャトーカミヤの敷地内にあるスーベニアショップで買った。値段は、700円(税込)。『キャラメルソースやコーヒーを思わせる香ばしく深い味わいのダークビールです。チョコレートケーキなどのデザートにもよく合います。』と書いてある。

色は赤みを帯びた濃い焦げ茶色。写真では黒く写っているが、光にかざすとワインレッドに見える。モルトのいい香りがする。味は、甘味があり苦味もある。最初に甘味を感じた後、苦味がじわじわと現われてきて、再び甘味が現われる。同時に少し酸味も感じる。複雑な味だ。パワーがあって美味しい。夕方か食後、ゆったりした気分で飲みたい。つまみは要らない。

原材料は、麦芽、ホップ。アルコール分は5%、容量は500ml。2月12日に買ったもので、製造年月日は、15.2.5、賞味期限は15.4.6。製造者は、合同酒精株式会社牛久ブルワリー。