あけぼのばしノート

目の前のものを観察し、時々ビールを飲めば、世の中の仕組みが見えてくる

ナミスジフユナミシャク

f:id:akebo-nobashi:20150122201535j:plain

撮影: 2015年1月19日 東京都文京区

道路沿いのコンクリートの塀にとまっていた薄茶色のガ。チョウ目シャクガ科ナミシャク亜科のナミスジフユナミシャクだ。冬に現われる冬尺蛾の一種。北海道から九州まで生息する普通種で、平地から高地までいるとされるが、都心部には少ない。初めて見た。一時期、オオナミフユナミシャクとコナミフユナミシャクの2種に分かれていたが、今は1種とされている。