あけぼのばしノート

目の前のものを観察し、時々ビールを飲めば、世の中の仕組みが見えてくる

常陸野エスプレッソスタウト

f:id:akebo-nobashi:20150111202752j:plain

撮影: 2015年1月11日 東京都新宿区

茨城県那珂市にある木内酒造のビール。水戸駅ビルエクセルみなみのPetit LOCO’Sで475円(税込)。『ロシア皇帝に愛されたインペリアル・スタウトをベースに、深煎りローストの珈琲豆を加え醸造しました。芳醇な味わいとコーヒーの風味のバランスをお楽しみください。』と書いてある。

色は、黒に近い濃い焦げ茶色。黒ビールにしては甘い香りがする。味は、苦味があり甘味もある。最初に苦味を感じた後、甘味が現われてくる。その後で、コーヒーの風味が湧き上がってくる。スタウトの甘味と苦味に、コーヒーの苦味が混ざり合って、独特の風味になる。コーヒーの舌触りがあって、面白い味だ。悪くない。食後、暖炉のそばで飲みたい。つまみは要らないが、お菓子があってもいい。

原材料名は、麦芽、ホップ、コーヒー。麦芽使用比率99%。アルコール分は7%、容量は330ml。1月5日に買ったもので、製造年月は14年12月、賞味期限は15年6月。酒税法の分類は、発泡酒。ホームページにこのビールの詳しい情報は載っていないので、モルトやホップの品種は不明。