あけぼのばしノート

目の前のものを観察し、時々ビールを飲めば、世の中の仕組みが見えてくる

熱海ビール 雅 miyabi

f:id:akebo-nobashi:20141222200745j:plain

撮影: 2014年12月22日 東京都新宿区

熱海駅前の平和通り商店街にある丸高名産店で買ったビール。値段は、500円(税別)。スタイルはレッドエール。ラベルは、熱海芸妓と熱海梅園の梅の花。酪農王国オラッチェで造っていて、『輝く琥珀のなかを立ち昇る口あたりのよい泡。数種のホップが織りなす繊細で華やかなアロマが特徴のプレミアムビールです。』と書いてある。

色は濃い赤茶色で少し濁っている。フルーティないい香りがする。味は、甘味があり苦味は少ない。すっきりした甘味が口の中に広がり、時折軽い苦味が現われる。マイルドで優しく、健康的な味だ。フレッシュジュースを思わせる後味がある。美味しい。夜、食後に飲みたいビールだ。つまみは要らない。

原材料は、有機麦芽麦芽、ホップ。有機農畜産物85%使用。容量は330ml、アルコール度数は5.5度。製造者は、酪農王国株式会社地ビール工房。12月17日に買ったもので、賞味期限は、2015年2月26日。