あけぼのばしノート

目の前のものを観察し、時々ビールを飲めば、世の中の仕組みが見えてくる

熱海ビール 煌 kirameki

f:id:akebo-nobashi:20141218201051j:plain

撮影: 2014年12月18日 東京都新宿区

熱海駅前の平和通り商店街にある丸高名産店で買ったビール。値段は、500円(税別)。スタイルはピルスナー。ラベルは、熱海の花火大会とジャカランタの花をデザインしたものになっている。丹那盆地にある酪農王国オラッチェで造っていて、有機農畜産物加工酒類の認証を取得した有機ビールだ。王冠には、『WIND VALLEY BEER ピルスナー』と書いてある。酪農王国オラッチェの、『風の谷のビール』のピルスナーと中身は同じものかもしれない。

色は、黄土色っぽい黄色で濁っている。ホップと酵母が混ざり合ったいい香りがする。味は、苦味があり甘味もある。最初に苦味を感じた後、甘味が少しずつ現われてきて、苦味と甘味が混ざりあって弱まっていく。酵母の風味もある。最後はすっきりした感じ。美味しい。明るい時間に飲みたい。つまみは要らない。

原材料は、有機麦芽、ホップ。容量は330ml、アルコール度数は5度。製造者は、酪農王国株式会社地ビール工房。12月17日に買ったもので、賞味期限は、2015年2月28日。ビールは新鮮さが重要なので、賞味期限よりも製造日を書いてほしい。