読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あけぼのばしノート

目の前のものを観察し、時々ビールを飲めば、世の中の仕組みが見えてくる

ラジオ日本小田原放送局

f:id:akebo-nobashi:20141127200500j:plain

撮影: 2014年11月27日 神奈川県小田原市

神奈川県小田原市の酒匂川のそばにあるアール・エフ・ラジオ日本小田原放送局。ここから、コールサイン JORL、周波数 1,485kHz、出力 100Wで送信している。本局の中継だけでなく、独自番組も放送している様だ。小田急線の車内から見えるが、余り高くないので注意していないと気が付かないだろう。

斜めのステーの他に、タワーに沿って6本のケーブルがあるのが見える。先端、中間、基部の3箇所で、6本のケーブルを支えている。基部接地型中波塔アンテナという名前の様だ。Wikipediaによれば、高さは50m。1,485kHzの波長は約202mなので1/4波長という事になるが、Wikipediaには『頂部容量環付』と書いてあり、動作の詳細は不明。