あけぼのばしノート

目の前のものを観察し、時々ビールを飲めば、世の中の仕組みが見えてくる

夕陽の月夜野ピルスナー

f:id:akebo-nobashi:20141105200946j:plain

撮影: 2014年11月5日 東京都新宿区

群馬県利根郡にある、月夜野クラフトビール株式会社のビール。値段は、高崎駅のGIFT GARDENで389円(税込)。上越クリスタル硝子株式会社が運営する、月夜野びーどろパークで造られている地ビールだ。チェコのブルワリーと提携しているらしい。上越新幹線上毛高原駅上越線の後閑駅が近い。

色は黄色がかった茶色で少し濁っている。モルティな香りがする。味は、苦味があり甘味も少しある。酸味も感じる。最初に苦味を感じた後、弱い甘味と酸味が現われたり消えたりする。苦味が効いて、ドライな味だ。悪くないが、地味な味なのでビールだけ飲むには若干物足りない。食事をしながら飲むのがいいかもしれない。月夜野びーどろパークにはレストランがあるので、そこで飲むのが良さそうだ。

原材料は、麦芽、ホップ。内容量は330ml、アルコール分は5.5%。