あけぼのばしノート

目の前のものを観察し、時々ビールを飲めば、世の中の仕組みが見えてくる

みちのく福島路ビール レッドエール

f:id:akebo-nobashi:20141103201041j:plain

撮影: 2014年11月3日 東京都新宿区

福島県福島市にある、有限会社福島路ビールのビール。値段は、郡山駅1階にある地酒の森で618円(税込)。ホームページによると、この会社は資本金300万円、従業員2名、バート9名と小規模だ。素材と手作りにこだわっていて、麦はヨーロッパ産、水は吾妻山の水との事。

色は赤みを帯びた暗い茶色で濁っている。モルトの香りがする。味は、甘味があり苦味が少しある。最初に苦味と甘味を同時に感じた後、じわじわとキャラメルを思わせる甘味が現われてきて、時間をかけて弱まっていく。最後はさっぱりした感じ。美味しい。吾妻山が見えるロッジで夕食を食べた後、暖炉のそばのロッキングチェアに座って飲みたい。つまみは要らないが、ナッツがあってもいい。

原材料名は、麦芽、ホップ。アルコール分は5.0%、内容量は330ml。