あけぼのばしノート

目の前のものを観察し、時々ビールを飲めば、世の中の仕組みが見えてくる

SAPPORO 東北ホップ100%

f:id:akebo-nobashi:20141025200643j:plain

撮影: 2014年10月25日 東京都新宿区

10月21日から東北6県限定で発売になったサッポロのビール。値段は、郡山駅1階の地酒の森で240円(税込)。郡山駅前のローソンや、駅のNEWDAYSには無かった。東北地方はコンビニが少ないので、限定商品は酒屋中心に流通するのかもしれない。2009年から東北エリア限定で発売されているもので、今年収穫した東北産ホップを100%使用している。

ホップはアサ科のつる性多年草。国内では、北海道、青森県岩手県秋田県山形県栽培されている。栽培面積、収穫量とも1位は岩手県、2位は秋田県、3位は山形県となっている。このビールでは、岩手県北ホップ農業協同組合(岩手県: 軽米町、岩手町、青森県: 田子町、三戸町)で栽培されたものを使用しているとの事。

色は黄色がかった若干薄めのゴールドで透明。ホップのいい香りがする。味は、苦味があり甘味もある。最初にホップの苦味を感じた後、じわっと甘味が現われてきてフレッシュな風味と混ざり合い、時間をかけて弱まっていく。後味の中に感じるホップの風味がいい。美味しい。明るい時間に飲みたい。

原材料は、麦芽、ホップ、米、コーン、スターチ。アルコール分は5%、内容量は350ml。100ml当たり栄養成分は、エネルギー 40kcal、たんぱく質 0.3g、脂質 0g、糖質 2.9g、食物繊維 0-0.1g、ナトリウム 0mg。製造は、2014.10上旬 N/HZN2。宮城県名取市にある仙台工場で造っている様だ。