あけぼのばしノート

目の前のものを観察し、時々ビールを飲めば、世の中の仕組みが見えてくる

円熟の旨み

f:id:akebo-nobashi:20141014200602j:plain

撮影: 2014年10月14日 東京都新宿区

10月14日からイオングループで数量限定発売になったサントリーのビール。値段は、近所のまいばすけっとで209円(税込)。4月13日に飲んだ、『貴富の薫り』に続く、『クラフトマンズ ビア』シリーズの第二弾で、今回のテーマはメルツェンタイプ。前回から半年経っているが、半年毎に発売していくのだろうか。

色は茶色っぽい濃いめのゴールドで透明。モルトとホップのバランスの取れたいい香りがする。味は、甘味があり苦味もある。最初に甘味を感じた後、苦味が現われ、甘味と苦味が混ざり合って弱まっていく。最後にさっぱりしたモルトの風味が口の中に残る。美味しい。この季節にぴったりの味だ。秋の夕方、まだ明るい時間に飲みたい。つまみは要らない。

原材料は、麦芽、ホップ。アルコール分は5.5%、容量は350ml。栄養成分(100mlあたり)は、エネルギー 49kcal、たんぱく質 0.3-0.6g、脂質 0g、糖質 3.6g、食物繊維 0-0.2g、ナトリウム 0-7mg。製造は、2014.09下旬 Y/NAXA。『Y』は、九州熊本工場の様だ。