あけぼのばしノート

目の前のものを観察し、時々ビールを飲めば、世の中の仕組みが見えてくる

流山駅

f:id:akebo-nobashi:20141009200630j:plain

撮影: 2014年10月9日 千葉県流山市

千葉県流山市にある、流鉄流山線流山駅常磐線の馬橋で流鉄流山線に乗換えて、5駅めの終点がこの駅。第2回関東の駅百選に選定されていて、選定理由は『東京近郊にありながらローカル色のある駅』。確かに、その通りだ。自動改札は無く、Suicaも使えない。駅の周りは住宅地で、商店街や喫茶店、コンビニは無い。

流鉄は、以前は流山電鉄という名前だったが、総武流山電鉄を経て、2008年8月1日から現在の名前になった。車両は5編成あって、異なる色に塗装され、それぞれに愛称が付いている。ホームページの無い鉄道会社としても知られていたが、2013年3月に開設された。