あけぼのばしノート

目の前のものを観察し、時々ビールを飲めば、世の中の仕組みが見えてくる

GRAND KIRIN MILD RICH

f:id:akebo-nobashi:20140819202906j:plain

撮影: 2014年8月19日 東京都新宿区

ローソンに見慣れないラベルの瓶ビールがあったので買ってみた。値段は、245円(税込)。調べてみると、ローソンとキリンビールが共同開発した商品で、8月5日からローソングループで数量限定先行発売されている様だ。『ビールを定期的に飲用する30代、40代の“働く女性”に向け共同開発したビール』らしい。ターゲットには該当しないが、まあ気にしない事にしよう。

過去のグランドキリンは、キリンビールとセブン&アイ・ホールディングスの共同開発で、セブンイレブンで先行発売というパターンだったので、油断していた。7月29日にはサークルKサンクスと共同開発のグランドキリンも発売されている様なので、そちらも買ってみないといけない。サンクスは、近所にあった店がローソンに変わったので、行く機会が少なくなった。

色は平均的なゴールドで透明。ホップとモルトのいい香りがする。味は、苦味があり甘味もある。後味はかなり続き、最初に軽くホップの苦味を感じた後、甘味が現われ、再び現れた苦味が次第に弱まって消えていく。すっきりした味の消え方だ。全体的に抑えた感じで物足りなさも感じるが、バランスのとれた味で悪くない。ランチタイムにいいかもしれない。

原材料は、麦芽(大麦麦芽、小麦麦芽)、ホップ。アルコール分は5.5%、容量は330ml。製造年月旬は、2014年7月下。栄養成分の表示は無い。グラスに注いで飲んだが、『プレミアムグラスボトル 口あたりが良く、香りが広がる広口びんです。』と書いてあるので、ボトルから直接飲む事を想定しているのかもしれない。