あけぼのばしノート

目の前のものを観察し、時々ビールを飲めば、世の中の仕組みが見えてくる

オオシオカラトンボ

f:id:akebo-nobashi:20140731200315j:plain

撮影: 2014年7月31日 東京都文京区

公園の池の周りに張ってあるロープにとまっている、若干灰色がかった青いトンボ。トンボ目トンボ科ヨツボシトンボ亜科のオオシオカラトンボだ。名前が示す通り、シオカラトンボを逞しくした感じ。これはオスだが、メスは黄色と黒の模様でオスとは全く見た目が違う。シオカラトンボのメスにはムギワラトンボという呼び名があるが、オオシオカラトンボのメスをオオムギワラトンボとは言わない。

公園などの池の周りで、一番目に付くのがこのオオシオカラトンボだ。続いて、コシアキトンボだろう。ただのシオカラトンボは殆んど見かけない。シオカラトンボは、以前はもっと多かった様な気がするのだが、環境か何かが変化しているのだろうか。